Top >  01住宅ローンとはなんでしょうか >  住宅ローンについての話

住宅ローンの借り換えはフラット35保証型について

6年前、まぐれで組めた住宅ローン。繰り上げ返済を夢見つつも、いつしうか旦那はリストラ。今は銀座のガード下で靴磨きを生業としています。辛うじて住宅ローンは返済していますが、固定金利の期間が終わったら完全に無理です。全期間固定金利の住宅ローンに借り換えないと絶対無理。フラット35保証型がちらついております。

住宅ローンについての話

住宅を購入するとなった場合、だいたいの人は住宅購入に掛かる金額の一部を自己資金として用意できるくらいですよね。

残りは金融機関から借り入れするなどの手段をとり、全額自己資金で購入できる人はそういないでしょう。

また、頭金の用意なしに、購入金額すべてを借り入れなくてはならない場合だってあるんじゃないでしょか。

では、借りる借りると言っても、一体どうすればいいのでしょう?

それはよく耳にする「住宅ローン」を考えるのが一番じゃないでしょうか。

しかし、住宅ローンというだけあって、以下のような使用用途でなくてはなりません。


◎住宅を建築するための土地のを買う

◎住宅を新築する

◎新築、または中古の物件を買う 

◎増築や、リフォームをする


そして、住宅ローンは他のローンと同じように、利子をつけて返します。

でも他のローンと違うところは、その利子の率が低いところです。

それに、借り入れする金額がかなりの高額になることから、返済する期間も長いです。

返済期間は最長で35年もの長いものもあるようです。

長い期間をかけて返せるのなら、できるだけ返済期間をながくして、ひと月に支払う分を少なくしたいと思うところですが、よく考えてください。

住宅ローンを長い期間返済してくとなると、必ずしも今のライフスタイルからは変わりますよね。

先々のことはある程度読んでおかなくてはなりません。

長ければいいものじゃありません。

そういった先のことをよく考えて、自分達の生活プランに沿った返済方法を考えましょう。

そして、できるだけリスクを低く抑えられるよう、もしもの時のこともしっかり考えておきましょう。

 <  前の記事 中古バイクの価値  |  トップページ  |  次の記事 一週間の始まり  > 

         

住宅ローンの借り換えはフラット35保証型イメージ

このページについて

このページは「住宅ローンの借り換えはフラット35保証型」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。